特定技能は、始まるべくしてスタートした制度です

労働力不足が深刻化し、外国人労働者の受入れが課題となっています。これまでの入管法では、専門的な職種に就くことはできても、広く「就労」を目的とし日本で働ける資格はありませんでした。
こうした中で2018年12月に入管法が改正、2019年4月から施行になりました。新たな在留資格「特定技能」が創設され、一定の技能を有する外国人労働者が、専門的・技術的分野以外の労働分野に就労することが可能になりました。

来てくれた外国人のために

今後増えてくる外国人のために、地域社会と無理なく共生できる生活支援がより必要になります。特定技能(1号)での日本語能力は「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の能力を有すること」とされています。受入業種のほとんどが「N4」レベルを合格水準としており、これは5段階のうち2番目に低いレベルです。日本人でいえば小学校低学年程度と想定されています。
こうした方々が、最大で5年間を労働者として滞在するので、地域社会で住民として長く生活できるサポート支援が必要になるわけです。群馬県太田市は、たくさんの外国人労働者を受け入れてきました。こうした先駆地域をベースに、受入環境整備を進めていく必要があります。もちろん、受け入れを行う支援機関や行政書士、職業紹介法人等とも密接な連携が必要になります。

一般社団法人アジアニューブランド協会代表理事は、株式会社ゴービットの顧問(営業方面)として、「特定技能外国人」紹介および就労支援をしています。アジアサイドの送り出し機関はもとより、日本国内の行政書士等との連携も準備し構築しています。安心してご相談ください。
株式会社ゴービット
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-311111

登録支援機関 登録番号 20登-003774

© 一般社団法人アジアニューブランド協会

​ベトナムコーヒー、自転車練習、特定技能
 

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • w-facebook

CONNECT​ WITH US:​​