Please reload

日本庶民文化の最高峰の一つ「公衆浴場背景画」

「公衆浴場背景画保存会のHPより抜粋」
90年の歴史がある背景画とは何んだろう。画ではなく絵柄、道具といわれている背景画は地域住民がささえていた。浴場は場所を提供し、広告社は金を集め、その広告は事業主が出し、もとは庶民-人々が出していた。当然といえばそれまでだが、この関係は素晴らしい。私は子供の頃、背景画に興味を持った。銭湯には30分歩いて行ったものだった。裸の人を見て自分も老いる、子供の扱い方、ご近所の情報、十軒先のおばあちゃんの入院……裸になると他人との違いを発見することができる。入浴中、人の裸が目につく、そらして背景画を見る。引越して来たばかりだったら、商店会の広告を見る。共有空間が多い程、その地域は住みやすいといわれている。
<中略>
背景画にもいろいろ想い出があるだろう。特に大正、昭和を生き抜いた人達には……当然知らない世代も半数に近いが、背景画が消えつつある昨今、「だれかが残すことをしなければ」この気持ちが保存会の発足であった。保存会は「背景画を残そう」必要とあれば貸し出し、その後、保存しよう。そして後継者問題、21世紀は背景画を芸術家に委ね、都市の浴室内に芸術背景画を入れても良い時期と考えている。

「公衆浴場背景画保存会」を応援しています

背景画にもいろいろ想い出があるだろう。特に大正、昭和を生き抜いた人達には……当然知らない世代も半数に近いが、背景画が消えつつある昨今、「だれかが残すことをしなければ」この気持ちが保存会の発足であった。保存会は「背景画を残そう」必要とあれば貸し出し、その後、保存しよう。そして後継者問題、21世紀は背景画を芸術家に委ね、都市の浴室内に芸術背景画を入れても良い時期と考えている。

一般社団法人アジアニューブランド協会代表理事は、公衆浴場背景画保存会
の広報担当理事です。イベント等お気軽にお問い合わせください。

© 一般社団法人アジアニューブランド協会

​ベトナムコーヒー、自転車練習、特定技能
 

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • w-facebook

CONNECT​ WITH US:​​