Please reload

211012【概要】アジア自転車教室ロゴ.jpg

  2017年5月から歴史ある保険完備の自転車教室(数字は毎週更新!)
これまでの参加者はなんと「こども=3,716名」「おとな=270名」‼

​※2021年10月12日現在。こども教室は2017年5月からスタート。おとな教室はプライベートレッスンのみでスタートは2020年夏からです

大人子供も!みんなのための【アジア自転車教室】です。「乗れない」「苦手」を楽しくて優しいプロの先生と一緒に克服しましょう。本気でまじめで親切丁寧、感染症対策、保険完備の日本一の自転車教室(自社調べ)で自転車練習、今やっておきましょう。実稼働でいつでも申し込める自転車教室は日本全国でここだけですよ\(^o^)/

アジア自転車教室は、「こども自転車教室」「おとな自転車教室」「(イベント会社等向け)受託教室」を展開。それぞれ下記クリックで確認・お申込を!   

こども自転車教室(各回10人~12人、集合性の教室。補助輪を外して練習します)

​●一般社団法人こどもネット 自転車初乗り指導協会(浜松本部)のHPからお申込となります。随時更新されます
よこはまこどもカレッジのHPからお申し込みとなります。随時更新されます。

おとな自転車教室(各回1人、個人レッスンの教室。基本から街乗りまで各コースあります)

​個人マンツーマンレッスン教室です。中学生以上から\(^o^)/(小学生も「みんなと一緒が恥ずかしい」「一人で頑張りたい」等ならOK)。会場は、東京会場(駒沢公園)、横浜会場(新横浜公園・日産スタジアム周遊)。出張教室も行っております。国内在住の外国人の方(中国、韓国、インド、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー等)もたくさん来られています。体に障がいをお持ちの方もレッスンに来られています。ぜひ私たちと一緒に自転車、挑戦しましょう!

イベント販促・PR受託教室(60分10名単位等で請負っています。ご相談対応します)

住宅展示場様やショッピングモール様、自転車販売・メーカー様等と、イベント・企画会社様経由で展開させていただいています。東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で活動中。車(バン)に自転車を積んで指導員が訪問。お日にち・開催地・時間・予算・場所の広さ・人数規模等、ご相談にできる限り寄り添って対応しています。春夏秋冬、季節にとらわれず、年長様から小学生を持つご家族が来場されます。販促・PR等の一環としてご要望ありましたらこちらのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

★6大保障で安心安全です

イベント保険完備

コロナ対応万全

指導員スポーツ
​資格保有※1

参加者数
NO.1※2

自転車は
20種※3

​個人情報
保護※4

※1:公益益財団法人日本スポーツ協会の公認スポーツリーダー、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会公認の初級障がい者スポーツ指導員の資格を持っています(代表理事)

※2:こども参加者3,716名、おとな参加者270名(延べ数、2021年10月12日現在、アジアニューブランド協会調べ)

​※3:こども教室で用意している自転車の種類です。14インチから24インチまで取り揃えています

※4:当協会では個人情報保護方針を定め、情報漏洩防止等に取り組んでいます

210120YOUTUBE自転車教室.jpg
210120facebook自転車教室.jpg

​自転車教室の実績が動画でご覧になれます。チェック!!

210303初乗り円ロゴ図1.jpg

一般社団法人アジアニューブランド協会代表理事は、一般社団法人こどもネット 自転車初乗り指導協会の創設理事メンバーでであり指導員資格を保有。関東(東京都・神奈川県・千葉県等)を統括・担当しています。今は日本での活動ですが広くアジアへ展開できたらと考えています

「自転車に乗れるようになりたい」に応えます 

近年、自転車に起因したトラブルが日本各地で報道されています。 一方で、核家族化や両親の共稼ぎ等、家庭の事情も多様化し「子供に自転車を教える時間がない」「近隣に自転車を教えられる適当な場所がない」といった理由から、自転車に乗れないままになってしまっている子供や大人がいるのも事実です。 
私たちは「自転車に乗れるようになりたい」「子供に自転車を教えたいけど難しい」というニーズに応えるため、専門の指導員が独自のプログラムによる指導を行うと同時に、自転車を初めて乗る段階から自転車の交通ルールやリスク教育を行い、自転車を活用した豊かな地域社会の実現に貢献したいと考え、この事業を推進しています。

2-20210711_103815.jpg

「ほめる」から「楽しい、できる」

私たちの教室は1回あたり、100分ほどの

プログラムになります。年長さんから小学

生3年生程度のお子様が対象となることが

多いのですが、100分はかなりの長時間と

いえます。小さい子たちですから、疲れ

ないように、飽きさせないようにすること

も大事です。そこで指導員は、常に子供たちに「ほめる」ようにしています。初めてなんだから自転車に乗れないのは当たり前。だけどちょっとしたことでもよいので「ほめる」と子供たちは俄然、元気になるし、やってみようと勇気も沸くし、一緒に練習しているほかの子に負けないように我先に取り組み始めます。先生がいつもにこにこしてほめてくれるから、子供たちも安心して練習に取り組めるようです。これからも「ほめる」ことを大切に参加者の皆さんと楽しい時間を過ごしたいと思っています。

15-KIMG0006.JPG
1-IMG_20210912_125051_984.jpg

先生もたくさん!スポーツ指導の資格を保有で安心 

1-グラフィックス1_edited.jpg
4-20210314_103400.jpg
55-20210314_103442.jpg
33-20210912_143828.jpg
66-20210912_144035.jpg
777-20211013T115626.jpg
●KIMG0025.JPG
●KIMG0026.JPG

主宰の松永先生は、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツリーダー、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会公認初級障がい者スポーツ指導員の資格を持っています。私たち「アジア自転車教室」の活動は、学会で発表も​していますので、どうぞ安心して参加ください(先生紹介:松永先生、大西先生、中路先生、屋宜先生、宮崎先生、山崎先生。みんな優しくて楽しいよ!)