top of page
  • 執筆者の写真Takeshi Matsunaga

「子供の自転車 補助輪外しは、自転車教室にまかせるべきか?」を子ども自転車教室保護者の声から考える

更新日:2月7日

アジア自転車教室では、お陰様で、教室のスタートからお子様の参加者が6,400名を数え、そしてマンツーマン教室(おとなも子どもも)も1,070名を超えました。

今春から、参加されたすべての方にお渡ししている「お守りステッカー」も大好評です。


そして、自転車教室参加者の反響も、参加者増加に伴って、どんどん入ってきています。

今回、ご紹介するご感想は、この夏にいただいたものを中心にしていますが、お子さんと自転車教室に参加させる親御さんのお気持ちビフォアフターを知ることができるものが多くあります。


これらを読んで、タイトルにもあるように子供の自転車 補助輪外しは自転車教室に任せるべきか?を一緒に考えていただければと思います。



アジア自転車教室 子供自転車教室での一コマ

「ペダルをつけるタイミングで参加 ポイントの説明も丁寧、家でもすぐ乗れた!」

幼稚園女の子 ABCハウジング新・川崎教室参加


自転車を購入してからペダルなしで楽しんでいましたが、そろそろペダルをつけようと思った時にちょうどこの教室を知りました。教室では自転車に乗る過程で大事なポイントを丁寧に説明してくださいました。またしっかり支えてくださるので娘も怖がらずに挑戦していました。あと少しで乗れそうだなというところで終了時間。あっという間の100分間でした。この時間を無駄にしたくないと思い、自宅に戻ってすぐペダルをつけてみました。先生の支え方を見よう見まねでやっていたら、あっという間に乗れるようになりました。娘が自転車漕ぎながら「乗れたー‼︎乗れたー‼︎」とうれしそうに叫んでいました。1日で習得。嬉しいです。先生方ありがとうございました‼︎


「乗り方だけで無く、子供の褒め方や練習のアドバイスも貰えた!ワクワク感満載」

小学生男の子 東久留米卸売市場教室参加


当初、「お金を払ってまでは・・・・」とも思っていました。家では自転車を買っても「今日は嫌だ」とか「ママ怒るからもうやだ」となかなか練習がままならなかったのですが、今日は本当に楽しんで練習できていて帰りは「またあのお兄さん達と練習したい!」と(笑)乗り方だけで無く、親にも、褒め方や今後の練習のアドバイス等頂けて、こどもと自転車でお出かけできる日も近いのでは!とワクワクしてます。今回はありがとうございました。


「たくさん褒めてやる気を引き出すって大切」

小学生男の子 ロイヤルホームセンター南千住教室参加


大変な暑さの中、丁寧にご指導いただきましてありがとうございました。「たくさん褒めてやる気を引き出す」自転車の練習においても大切ですね。あの猛暑の中で、最後まで頑張れたのは、先生方が楽しさを忘れないご指導をしてくださったからだと思います。本当にありがとうございました。感覚があるうちに、引き続き練習をしていきたいと思います。お世話になりました!!


「ペダルをつけて3回目ですんなりに「えっ!」」

保育園女の子 ロイヤルホームセンター南千住教室参加


慎重派な5歳の女の子で今回はまだムリかなぁと思っていましたが、なんと、ペダルをつけて3回目で先生が支えてくれている手が離れていたので驚きました!びっくりして、え!え!と思い笑ってしまいました。こんなにすんなり乗ることができて嬉しいです。練習の仕方とかもこうやってやればいいのかと参考になり参加して良かったです!!ありがとうございました。"


「楽しいが一番ですね。私たちも教え方のコツを知ることができました」

小学生女の子 ロイヤルホームセンター松戸教室参加


お世話になりました。ありがとうございました。娘は「とても楽しかった」と言っていました。参加する前は、親の思いとは裏腹に自転車練習に、かなり消極的でした。自転車教室では、先生方に補助してもらいながらではありましたが、「少し乗れた気がする!」と喜んでいました。練習の様子を見ながら、私も教え方のコツを知ることができました。本人のやる気のあるうちに、家でも練習したいと思います。


「動画を見ながら頑張ります!親子共々学べた!」

小学生男の子 イオンタウン吉川美南教室


丁寧に教えていただき、最後の方は少しバランスが取れたようで自信が付いたようです。松永さんの動画も分かりやすく、早速明日から練習したいと思います。親子共々学ばさせていただきました。また機会があれば参加したいと思います。本日は本当にありがとうございました。


アジア自転車教室主宰、松永より(まとめ)

いかがでしたか? 子供自転車教室では、親御さんに向かって教え方をご指南することはありませんが、褒められて「絶対倒れないからね」と支えられることで、成長し達成感を得る我が子を目の当たりにして、多くの親御さんは「自分の教え方」を深く考えるようになれるようです。

お子さんの対象にしている子供自転車教室ではありますが、自分たち保護者も教え方・伸ばし方を学べると考えれば、非常にコスパの良い100分間だと、多くの皆様に実感いただけるのではないかと思っています。褒めて伸ばすことのできる親になれれば、この先に待っているお子さんの進学(受験)や部活の成績にもプラスになるかもしれませんし。

そういうメリットを考えると、自転車の補助輪外しをプロの自転車指導員に託す価値は大いにあるのかもと考えます。

さて、この2023年の夏は本当に暑い日が続きました。アジア自転車教室においては、特に屋根や日陰がない会場では「午前中教室」のみとさせていただきました。また水分補給の休憩や体調管理の声がけをかなり頻繁に行い、できる限りの熱中症対策を行いました。

「この暑さで最後までレッスンが進むのかしら・・・」と心配された保護者の皆さんにも、ご安心いただけたようです。

処暑も過ぎ、これから少しずつ暑さも和らいでくるはず。9月以降のお教室に興味のある方は、アジア自転車教室のこども自転車教室の情報を以下にかんたんにまとめておきましたので、ぜひご覧ください。


アジア自転車教室の動画



こども自転車教室関連のリンク



アジア自転車教室ブログ「参加者の声」シリーズは、自転車教室に参加された方や、その保護者にお送りする教室の後の感謝メールに添えられているアンケートへの、ご返答を掲載しています。個人を特定できるような内容は掲載しませんので、ご安心ください。また指導員は届いた全てのご意見に目を通しており、今後の指導に活かしたり、励みにしております。


「あと、ちょっとで自転車に乗れるんだけど・・・」でお困りでしたら「マンツーマン教室」もあります。

指導員独り占めで、懇切丁寧にお教えします。大人も子供もマンツーマンで、褒めて伸ばす!「アジア自転車教室のマンツーマン自転車教室」もぜひ、ご検討を!


子供の自転車教室(グループレッスン)を経て、仕上げにマンツーマンを選ぶお子さんもいらっしゃいます。もちろん、「いつかは自転車に」という秘めた思いを実現したいという大人もたくさんいます。



bottom of page